ファッションと同じくメイクにもトレンドがあります。

新しいことを始めるのに適した季節の春。
春から新しいメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか?

今回は、おしゃれ女子必見の2018年春のトレンドメイクをご紹介します♡

2018年春トレンドのアイメイクは?

現在のトレンドメイクといえば、ナチュラルメイク。
2018年のトレンドもキーワードは「ナチュラル」です。

そして、2018年春のトレンドの色はズバリ「ピンク」です。
同時に「ラメ」も注目されています。

メインのアイシャドウにはピンク色を取り入れてみましょう。
アイホール全体にブラシで色を乗せ、目のキワはブラウンなどを入れ目元を引き締めてもOK。

他にも、ミントや、グリッター、赤っぽいアイシャドウを使用しても2018年の春っぽいトレンドメイクが完成します。

エクセル スキニーリッチシャドウSR08 アクアティックブラウン
  

ピンクやミントのアイシャドウをベースに、グリッターで華やかさをプラスしてみましょう。


baedina

2018年の春のトレンドアイメイクは、ピンクのアイシャドウを上手に取り入れている韓国アイドルをお手本にしてみるのもいいですよ。

キャンメイク ジュエリーシャドウベール03 ベビーローズ

 

アイラインは定番のブラックやブラウンをぼかして入れてもOKですが、ピンクのカラーライナーを使用するともっと今年っぽい顔に。

カラーライナーには抵抗のある方も多いと思いますが、意外とブラックライナーよりも自然に見えるので是非一度取り入れてみてください。

一度使用すると、結構ハマっちゃいますよ♡
2018年は目力のあるアイメイクもトレンドなので、カラーライナーをアンダーラインにも使用した囲みメイクもおすすめです。
目尻は長めに引くことで、目元の印象がUPします。

カラーライナーは、やりすぎと派手なメイクになってしまうので、バランスを見ながらナチュラルに仕上がるように練習してみましょう。

ピンクは薄いピンクではなく、レッドに近いような濃い目の色を使用してもOK。

モテライナー リキッド CC(チェリーチーク)

このようにアイメイクには、ブラウンやゴールドなどの定番カラーではなく、ピンクミントなどの色を使うことで2018年春のトレンドメイクが完成します。

2018年春のアイメイクは、色と目力を意識してみてください。
ナチュラルに仕上げるのも忘れずに。

2018年春トレンドの眉メイクは?

眉毛は最も流行が現れると言っても過言ではない、大変重要なポイントです。


eyebrowsalon_mira

2018年春のトレンド眉メイクは、昨年に引き続き「アーチ眉」「ハンサム眉」です。
太めのアーチ型で、眉尻太めの眉メイクが理想的です。

今年の眉メイクは、太さばかりにこだわるのではなく、形を意識してみましょう。
ただし、意識しすぎてがっちりとした眉にならないように注意してください。

眉メイクはアイブロウパウダーを使用することで自然なふんわりとした眉毛に仕上がります。
基本はアイブロウパウダーを使用し、ペンシルは足りない眉毛を書き足す程度に使用すると良いでしょう。

インテグレート

商品名:ビューティートリックアイブロー 価格:1080円(税込)

パウダータイプのアイブロー&ノーズシャドー&ハイライトカラーの4色パレット。
眉と鼻筋(目鼻立ちゾーン)の光と影を操って、立体感と錯覚効果を仕込み、小顔トリックを演出します♡

ワタシプラス公式サイト

2018年春トレンドのベースメイク&チークは?

ベースメイク

2017年は素肌っぽく透明感のあるツヤ肌がトレンドでしたが、2018年はマット感をプラスした「セミマット肌」が注目されています。
マット肌とツヤ肌のいいとこ取りをしたようなベースメイクを意識しましょう。

ファンデーション前の化粧下地は、肌悩みをしっかりカバーしてくれて、血色が良くなるものを選びましょう。
ツヤ感を出すために、パールの入っているものがおすすめです。
化粧下地は素手でつけるのではなく、スポンジを使用することで肌馴染みが良くなります。

マキアージュ

商品名:ピーチチェンジベース CC 価格:3240円(税込)

10秒間のなじませマッサージで、美容液からカラー成分がにじみでて、血色感のある桃色にチェンジ!
肌をうるおいで満たしながら、くすみやにごり、毛穴も補正し、美肌色・美肌質感に整えるCCベース。

ワタシプラス公式サイト

ファンデーションは、カバー力の高いリキッドファンデーションや、クリームファンデーションがおすすめ。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションはマット肌にも欠かせないアイテムです。
自分の肌をワントーン明るくする色を選ぶといいでしょう。

エスティローダー ダブル ステイ イン プレイス メーク

厚塗りになりがちなリキッドファンデーションやクリームファンデーションですが、ナチュラルな仕上がりになるよう、薄付を意識してください。

ファンデーションは筆を使って丁寧に塗ってあげることで厚塗りにならず、ナチュラルに仕上がりますよ!
セミマット肌を作るために、最後はパウダーで仕上げましょう。
パウダーも厚塗りしないように注意が必要です。

パウダーファンデーションのみの使用は粉っぽくなってしまい、素肌感が失われるので、トレンド肌を作りたいのであればあまりおすすめできません。

また、理想のトレンド肌を作るためにも普段のスキンケアは念入りに。
クレンジングや保湿ケアに力を入れて、ハリと潤いのある素肌を保ちましょう。

チーク

チークは肌の色に近い色がおすすめです。
コーラル系やベージュ系の肌馴染みのいい色を選びましょう。


rissangreen

チークを素肌に近いナチュラルな色にすることで、アイメイクやリップメイク、美しいセミマット肌を際立たせることができます。

アイシャドウと同じ色味にするのもおすすめです。
この場合は、アイメイクとチークが濃くなるので、リップには薄い色を選びましょう。

チークの塗り方は頰の1番高いところに入れ、そのまま顔のサイドまで広げます。
最後に手で馴染ませることで密着度が高くなります。
チークは、クリームチークとパウダーチークを重ねることでツヤ感がアップしますよ。
塗り方は同じでOKです。

コスメデコルテ クリーム ブラッシュ 選べる全8色 COSME DECORTE PU150

そして2018年は、シェーディングもポイントです。

チークの延長線上のもみあげからアゴ下までしっかり入れましょう。
ナチュラルに引き締められ、フェイスラインが際立ちます。

ただし、シェーディングは強く入れすぎるとやりすぎ感が出てしまうので、濃くなりすぎないように注意してくださいね。

どの工程にも、2018年のキーワードであるナチュラルをしっかり意識しましょう。

スリー シマリング グロー デュオ 01

2018年トレンドのリップメイクは?


7.22mon

2018年は、リップメイクもセミマットが注目されています。
マットな質感の中に適度なツヤ感をプラスしたヌーディーな唇を意識しましょう。

口紅を塗った後に、パープルやブルー系のリップグロスを重ねることで透明感が出ます。
ナチュラルな深みのある唇に仕上げて、抜け感も忘れないようにしましょう。

アールエムケー(RMK) リップグロス リップ ジェリー グロス #03


4mellow1mellow5

基本的にピンクやベージュなどの定番色が人気ですが、2018年は赤も注目されています。
トレンドの赤リップは、色味や塗り方を変えることでナチュラル〜色っぽい雰囲気まで好きなように演出することができます。

コーラル系の赤は、唇の内側にだけリップを塗って、あとは指でぼかすことでナチュラルな唇が仕上がります。

ピンク系の赤は、全体的に塗ったあと指で馴染ませることで上品で色っぽい唇に仕上がります。
ビビットな赤は、唇の輪郭に沿って塗り、内側にもしっかり塗ることで赤が映える印象的な唇に仕上がります。

なりたい唇や、その日の気分に合わせてリップを使い分けるといいですよ。
今年のトレンドメイクにするために、リップグロスで透明感を出すことも忘れずに♡

リップは色味も重要ですが、色に関しては自分に合った色でないと違和感が出てしまいます。
色よりも質感に重視してみると、今年っぽいトレンドメイクに仕上がりますよ♡

SUQQU

商品名:モイスチャー リッチ リップスティック 価格:5400円(税込)

それは口紅を塗る、ではなく、紅を差すに近い感覚。
平面的・均一的ではなく、染まるように色付き、染み込むように潤い感を与え、にじみ出るようにつやめく。
淡く、深く、ほっ、と色が灯る。新鮮な体験を唇に。

西武オンラインストア

まとめ


saki_violet

2018年春のトレンドメイクをまとめてみまたがいかがだったでしょうか?
昨年に引き続き、やはりナチュラルが注目を集めています。

ただ昨年は、アイシャドウやリップの色もナチュラルなものがトレンドでしたが、今年は割とはっきりとした派手な色がトレンドのようですね。

メイクはバランスが重要なので、トレンドを意識しすぎてバランスが悪くならないように、しっかりとバランスを見ながらメイクしてくださいね。

一気に全て取り入れるのには抵抗がある方は、パーツごとにチャレンジしてみるのもいいですよ♡
トレンドに合わせて販売されている各メーカーの新作コスメも要チェックです!